おふたりさまのアーリーリタイア

DINKs(夫正社員+妻派遣)夫婦が、経済的に安定してアーリーリタイアを目指します。

【今週の重要指標と騰落率】2023年1月30日から2月3日|ISM、FOMC、ユーロ金利、英金利、雇用統計発表

重要指標と騰落率

今週の重要指標と騰落率についてまとめました。

スポット購入の参考になれば幸いです。

チャートはすべてTradingviewを使用しています。

妻アイコン

騰落率は週足で見てます
※コメントは個人の見解ですのでご注意ください

 

 

各国政策金利まとめ

政策金利

現在の主要政策金利をまとめます。

※数値は、前回、予想、結果の順

2月 米FOMC政策金利 4.5% 4.75% 4.75% (次回3月21~22日)

2月 ECB政策金利 2.5% 3.0% 3.0% (次回3月16日)

1月 日銀政策金利 -0.1% -0.1% -0.1% (次回3月9~10日)

2月 英中銀政策金利 3.5% 4.0% 4.0% (次回3月23日)

12月 豪中銀政策金利 2.85% 3.1% 3.1% (次回2月7日)

11月 NZ中銀政策金利 3.5% 4.25% 4.25% (次回2月22日)

01月 カナダ政策金利 4.25% 4.5% 4.5% (次回3月8日)

12月 スイス政策金利 0.5% 1.0% 1.0% (次回3月23日)

今週は、アメリカ、ユーロ、イギリスの政策金利の発表がありました。

まずアメリカですが、予想通り0.25ポイントの利上げで4.75%としました。

利上げペースが減速しています。

次回FOMCは3月21~22日です。

FedWatchでは、次回FOMC据え置きが17.3%、0.25ポイントの利上げが82.7%の予想になっています。

 

ECBは政策金利を0.5ポイント引き上げ、3%としました。

3月も0.5ポイントの引き上げを示唆しています。

 

英中銀も政策金利を0.5ポイント引き上げ、4%としました。

 

妻アイコン

全体的にサプライズなしの予想通り。

アメリカと英中銀はややハト派的かな?

今週の重要指標とイベント

米国雇用統計

米国雇用統計

※数値は、前回、予想、結果の順

1月 失業率 3.5% 3.6% 3.4%

1月 非農業部門雇用者数[前月比] 22.3万人 19.0万人 51.7万人

1月 平均時給[前年比] 4.6% 4.4% 4.4%

1月 平均時給[前月比] 0.3% 0.3% 0.3%

  • 失業率は53年ぶりの低水準
  • 非農業部門雇用者数は前回・市場予想を大幅に上回る
  • 平均時給は伸びが鈍化

非常に堅調な結果でした。

毎日のように米国の各企業のリストラのニュースが流れていますが、1月の失業率は低水準でした。

景気後退とは程遠い状態です。

利上げ継続の圧力が高まる結果です。

失業率

失業率は、労働人口に占める失業者の割合を示す。

毎月第1金曜日に発表される雇用統計の指標の一つ。

★予想より高い→米ドルの売り材料、予想より低い→米ドルの買い材料

非農業部門雇用者数

非農業部門雇用者数は、農業を除く分野で働く雇用者数。

毎月第1金曜日に発表される雇用統計の指標の一つ。

★予想より高い→米ドルの買い材料、予想より低い→米ドルの売り材料

ISM製造業景気指数

ISM製造業景気指数

※製造業が50を割ったときの背景色をグレーにしています。

※数値は、前回、予想、結果の順

1月 ISM製造業景気指数 48.4 48.1 47.4

1月 ISM非製造業景気指数 49.6 50.4 55.2

  • ISM製造業景気指数は前回・予想を下回る47.4
    分岐点の50を3ヵ月連続で下回る
  • ISM非製造業景気指数は前回・予想を上回る55.2
    2022年初め以来の高水準

ISM製造業景気指数は低下しましたが、ISM非製造業景気指数は大幅に回復しました。

今週の指標は全体的に景気後退懸念が薄まる結果になりましたね。

ISM(非)製造業景気指数

ISM(非)製造業景気指数とは、ISM(Institute for Supply Management)が公表しているアメリカの景況感を示す指標。
数値が50%を上回れば景気拡大50%を下回れば景気後退と判断される。
製造業は翌月第1営業日、非製造業は第3営業日に発表される。

来週の重要指標

来週の重要指標は以下の通りです。

 

今週の主要株価指数の騰落率

日本の株式指数

【NI225】日経225: 0.46%
TOPIXTOPIX指数: -0.63%
MOSマザーズ指数: 1.66%

日経平均は3週連続陽線。TOPIXは反落。

マザーズは堅調。4週連続陽線でした。

アメリカの株価指数

S&P500

【DJI】ダウ指数: -0.15%
【SPX】S&P500指数: 1.62%
【NDX】ナスダック100指数: 3.34%

3指数とも陽線。

S&P500は前回高値を上抜けしましたが、フィボナッチ0.236で反発(↑チャート)。

ナスダックも5週連続陽線と堅調ですが、フィボナッチ0.382で反発。

ダブルボトムで上昇ということになるか?

先進国の株価指数

【UKX】イギリスFTSE100指数 : 1.76%
DAX】ドイツDAX指数: 2.15%
【PX1】フランスCAC40指数: 1.93%

★【TOK】iシェアーズMSCIコクサイETF: 1.30% 

全指数大陽線。欧州株好調過ぎて怖いです。

欧州の生活は大変そうですが、株価は必ずしも一致していないようです。

欧州経済ってそんなに楽観的なのだろうか・・・?

新興国株価指数

台湾加権指数

【HSI】香港ハンセン指数: -4.53%
【SENSEX】インドSENSEX: 2.55%

★【VWO】バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF: -2.80%

香港ハンセン指数はここにきて反落。4%以上の下落率です。

再び100EMAの下に戻りました。

インドはアダニ・グループの不正疑惑のいざこざもあってか先週は下落していましたが、今週は陽線です。

妻アイコン

台湾の指数が逆三尊で上昇してます(↑チャート)

その他指数の動向

VIX指数など

VIX恐怖指数)は18.32。4週連続20を割ってます。

需給のゆがみを見るSKEW(スキュー)指数123.08

SKEW指数は140を超えたら注意です。

CNNの「Fear & Greed index」は先週の69から76になりました。

ついにEXTREME GREEDです。さすがに行き過ぎじゃないかな?(笑)

Fear & Greed indexは投資家心理が弱気(0)~強気(100)で表されます。

妻アイコン

株式市場は「極度の強欲」です(笑)

米国債券利回り

米国債券利回り

現在のイールドカーブは下記の通り。

3カ月物利回り>2年債利回り>5年債利回り30年債利回り10年債利回り

先週から5年と30年が入れ替わりました。

2年債も結構上向いてきましたね。

短期債のほうが利回りの大きい逆イールドです。

米国債

※括弧内は前回高値からの騰落率
【EDV】バンガード超長期米国債ETF: 0.48%(最低は-56.50%)
【BND】バンガード米国トータル: -0.01%(最低は-18.54%)
【TLT】iシェアーズ 米国国債 20年超えETF: 0.25%(最低は-45.88%)

いずれも4週連続陽線です。

しかし上髭が長い短い陽線です。

米国債利回り上がってきたし、これは下落して買い場来てくれるかな?

コモディティ(商品)

WTI原油は100EMAと200EMAの間で推移。ヨコヨコです。今週は下落。

一方天然ガス先物は8週連続陰線。下落が止まりません。

ゴールドは上昇継続で勢いが止まらずでしたが、今週は大陰線。

景気の先行指標のは上昇継続ですが、今週は陰線。

プラチナは4週連続陰線。

CRB指数(国際商品先物指数)はいちおう陰線。

妻アイコン

コモディティ不調の一週間

仮想通貨

ビットコイン/ドルはFTXの問題で下落。

去年の11月からヨコヨコでしたが、ここ3週間ちょっともどしていましたが今週は短い陰線。息切れ中。

妻アイコン

なんだかリスクオンになってますね

まとめ|久しぶりにドルインデックスが上昇

ドルインデックス

今週は金利は概ね予想通りで、全体的にハト派

そしてアメリカ経済が堅調、景気後退懸念減速?

ということで若干ドル高なのでしょうか?

 

完全に自分の都合でドル高、円安、ユーロ安、米国債券安を望んでいます。

株価は・・・まぁどっちでもいいや(笑)

しかし今年の円安はもう無理かなぁと思っています。

まぁスワップポイント貰って耐えるしかないです。

 

今週の重要指標と騰落率

前の週2023年1月23日から1月27日|米GDP二期連続プラス

次の週▶coming soon

 

 

【家計簿公開】2022年12月|楽天スーパーセールで基礎生活費増

年収650万円、結婚7年目DINKs夫婦の家計簿を公開します。

※給与明細が揃うのが翌月末になるため、1か月ほど公開が遅れます。

 

 

 

今月の収入:876,000円

二人ともフルタイム、夫は正社員、妻は派遣です。

(※収入は四捨五入しています)

夫:223,000円+ボーナス480,000円
妻:185,000円

12月は夫のボーナスがありました。

ありがたい・・・!!

支出について

支出の分類

妻アイコン

我が家では支出を下記のように分類しています

基礎生活費①(月予算13万)

月々、ほぼ固定でかかる支出です。あまり増減はありません。

家賃、光熱費、通信費、食費、日用品です。

基礎生活費②(年予算50万)

年間でかかる支出です。毎月固定で使うわけではないものをこちらに入れています。

交通費、医療費、被服、美容院など。

ふるさと納税は税金としてこちらに入れています。

ゆとり費(年予算30万)

人生を豊かにする支出。削ろうと思えば削れるものです。

家具、家電、雑貨、娯楽(本、施設使用料)などです。

外食やカフェ代は、食費とは別にしています。

また突発的にかかる冠婚葬祭もこちら。

貯蓄は投資信託と現金預金

投資信託は、支出ではなく貯蓄に入れています。

消費するわけではないし、貯めていくものなので…

支出にしちゃうとテンションあがりませんからね。

iDeCo確定拠出年金含め、月々20万円拠出しています。

ルールが発動すれば、スポット購入もしています。

今月の支出の内訳と貯蓄

今月の支出の内訳と貯蓄

支出合計:193,234円

基礎生活費①:150,074円

今月は基礎生活費は年間で最も多くなりました。

食費も58,730円と今年最大です。楽天スーパーセールでかなり買った影響ですね。

ナッツ、サプリ、大豆、歯磨き粉など、食品・生活雑貨をまとめ買いしました。

最近はなるべくトランス脂肪酸の多いお菓子を避けて、ナッツや大豆を食べています。

 

昨年と光熱費(電気とガス)の比較をします。

まずは電気代。

電気代

12月は昨年と比べても電気代が上がりました。

12月からはエアコンを使っています。

 

続いてガス代です。

ガス代

ガス代も上昇です。

お風呂の給湯器の温度が更に上がっています。

基礎生活費②:29,813円

交通費と医療費です。

今月は被服と美容院代がありました。

ゆとり費:13,347円

今月のゆとり費は、交際費や外食がありました。

年末なのでお年賀を買ったり。

年末は出費が多いですね。

貯蓄合計(収入ー支出):682,800円

貯蓄率

貯蓄率は77.9%でした。

かなり高い貯蓄率ですが、ボーナス月なので当然ではあります。

 

貯蓄率の計算式

貯蓄率=貯蓄額÷可処分所得(収入)×100

投資信託:186,162円

12月のスポット購入はありませんでした。

あと12月は夫の積立NISAがありませんでした。(他の月で2か月分やっていた)

現金預金(残高):496,626円

7月以来、久しぶりに現金が残りました。

まとめ

一応やりたかった場所の大掃除が終わりました。

あとは不用品を地道にフリマアプリで売っています。

ゆうパケットポストというのを知って、発送が楽になりました。

コンビニ行くのが地味に面倒だったんですよね。5円くらい上がろうが、ポスト投函の方が楽です。

これで2022年の家計簿が出そろったので、貯蓄率などまとめたいですね。

 

妻アイコン

あーミニマリストに憧れます

家計簿公開

前の月2022年11月|部屋が汚いとお金は増えない

次の月▶coming soon

 

 

【投資信託】ナスダック100のスポット購入|2022年の結果

投資信託のスポット購入の結果

2022年から投資信託の毎月積立に加えて、スポット購入で買い増しすることにしました。

どのような箇所で購入できたが、2022年の結果を見ていきます。

今回はナスダック100を見ていきます。

過去検証に関しては下のリンクから見ることができます。

 

 

 

ナスダック100チャート

ナスダック100チャート

まず2022年のナスダック100のチャートを振り返ります。

2021年11月22日の高値16764ポイントを高値とし、2022年10月10日に10440ポイントの安値を付けました。

S&P500同様、年初から見事な下降トレンドになりました。

グロース株ですから、FRBの利上げの影響をモロに受けました。

ナスダック100スポット購入ルール①

マイナス4%ルール

スポット購入ルールの1つ目は、マイナス4%ルールです。

週足で「騰落率マイナス4%以下」で「RSI(期間9)が40%以下のとき、1~2か月分買い増すことをルール①としています。

上のチャート上の黄色の背景がマイナス4%以下の騰落率ピンクがマイナス5%以上の騰落率の箇所です。

2022年の結果

過去の検証より、1年辺りの想定購入回数は1年あたり2.8回(最大14回)でした。

2022年にルール①が発動したのは、7回でした。

内訳は以下です。

  • 1月18日の週:-7.51%
  • 5月16日の週:-4.45%
  • 6月6日の週:-5.70%
  • 6月13日の週:-4.79%
  • 6月27日の週:-4.30%
  • 9月19日の週:-4.64%
  • 10月31日の週:-5.97%

マイナス4%以上の下落は11回ありましたが、RSIが40%以下だったのはそのうち7回でした。

ナスダックは1年辺り2.8回が平均でしたので、その倍の購入となりました。

ナスダック100スポット購入ルール②

高値からの下落率

スポット購入ルールの2つ目は、高値からの下落率です。

週足で過去の高値からの下落率が5%更新する度に買い増します。

  • スタートは下落率10%から
  • 下落率10%、15%、20%、25%、30%、…という風に更新する度に買い下がる
     例)20%更新したら2か月分、30%更新したら3か月分…
  • ルール①とルール②が同時に点灯した場合は購入金額が多い方で買う

2022年の結果

ルール②が発動したのは下記6回になりました。

  • 1月18日の週:-10%を下抜け
  • 2月14日の週:-15%を下抜け
  • 3月7日の週:-20%を下抜け
  • 5月9日の週:-25%を下抜け
  • 6月13日の週:-30%を下抜け
  • 10月10日の週:-35%を下抜け

ナスダック100は私が定期積立している中では、最低の-35%まで下落しました。

ナスダック100スポット購入結果

ナスダック100スポット購入結果

※自分のミスにより、特に初期はチャートで表示させた箇所通りには買えてない場合があります(RSI期間14で見ていたり…)

我が家はiFree Next NASDAQ100を月50,000円積み立てています。

2022年は、スポット購入より950,000円買い増しました。

 

外国株式なので、投資信託は注文から約定まで遅れてしまいます。

10回のうち5回高く買うことになりましたが、合計すると注文時の基準価額より安く買うことができました。

ナスダック100のスポット購入まとめ

チャートを見ると、ナスダック100もかなりいい箇所で発動しました。

現在3段の下落がありましたが、それぞれの下落の底付近で複数回購入することができました。

とくに2段目の下げではルール②が多かったですね。

ルール①にRSIの条件がないと、下げ始めの頃に買う羽目になっていましたが、RSIの条件を入れることで下落の底付近で買うことができています。

次回は先進国株式について振り返りたいと思います。

スポット購入結果

前回S&P500のスポット購入|2022年の結果

次回▶coming soon