おふたりさまのアーリーリタイア

DINKs(夫正社員+妻派遣)夫婦が、経済的に安定してアーリーリタイアを目指します。

【FXスワップポイント】2022年7月|豪ドル円とNZドル円の評価損益がプラテン!

FXスワップポイント投資の末路

スワップポイントの状況を報告してから半年以上経ちました。

現在の状況をご紹介します。

結果を確認する度に、スワップポイント投資の厳しさと、損切の大切さを実感しています。

スワップポイントで不労所得を得ようとした者の末路をご覧ください。

 

 

 

スワップポイント損益の推移

スワップポイント損益の推移

上のグラフは毎月のスワップポイント損益と、保持しているオーストラリア、ニュージランド、トルコの政策金利の推移です。

各ポジションを保持した時期は吹き出しで表示させています。

ご覧の通り、コロナショックのころはマイナススワップになることもありました。

現在は毎月500円程度のスワップポイントしか入っていません。

2022年から、若干上昇傾向ではあります。

妻アイコン

月数千円貰えた時代もあったんだなぁ(遠い目)

現在の保有ポジション

ドル円

豪政策金利

所持ポジション

約定日は2013年4月12日、約定レートは104.430円で5,000通貨です。

累計スワップポイント

累計スワップは、半年前から370円上昇の52,668円です。

半年で370円だけ!?

現状豪ドル円は高金利通貨じゃありませんからね…

11月から2月の間は、53円のマイナスですから、マイナススワップの日があったということですね…。

現在オーストラリア政策金利は1.35%です。

現在1万通貨で貰えるスワップポイントは、20円になっています。

(業者や日によって異なります)

為替差損益

為替差損益はなんと56,050円増えて、-51,570円になりました。

半年前から豪ドル円は12円もアップしています。

評価損益

豪ドル円の評価損益

累計スワップポイントと為替差損益を足した評価損益は、1,098円です。

なんと、、、ついに。。

ドル円が評価損益プラスに転じました!!

プラテンするまでなんと9年もかかりました!(笑)

喜んでいるアイコン


がんばれ資源国通貨!中国が持ち直したらまだいけるぞ!

NZドル円

NZ政策金利

所持ポジション

約定日は2015年5月14日、約定レートは89.859円で5,000通貨です。

累計スワップポイント

累計スワップ半年前から1,209円増えて、33,587円です。

ドル円よりはまだマシですね。

現在ニュージーランド政策金利は2.5%です。

現時点で1万通貨で貰えるスワップポイントは、30円になっています。

為替差損益

為替差損益はなんと40,185円上昇して、-23,090円になりました。

半年前からNZドル円は8.5円もアップしました。

評価損益

NZドル円の評価損益

累計スワップポイントと為替差損益を足した評価損益は、10,497円です。

NZドル円も、ついに評価損益プラスに転じました!!

プラテンするまでこちらは7年かかりました!

喜んでいるアイコン


NZドル円さすがです!

トルコリラ

トルコ政策金利とCPI

所持ポジション

約定日は2015年6月12日、約定レートは45.911円で20,000通貨です。

累計スワップポイント

累計スワップ半年前から958円増えて、284,331円です。

現在トルコの政策金利は14%です。

6月のCPIは78.62%ですから、実質金利を考えれば、冗談きついくらいの低金利です。

現在1万通貨で貰えるスワップポイントは、3円になっています。

驚いているアイコン


つまり1日6円ですね。きっつ!!

為替差損益

為替差損益はなんと12,720円下落して、-759,380円になりました。

トルコリラ円のレートが上がりませんので、この結果です。

クロス円でトルコリラ円だけ上がってないんじゃないかな?

私がウォッチしているクロス円の範囲ですが。

評価損益

トルコリラ円の評価損益

累計スワップポイントと為替差損益を足した評価損益は、-475,049円です。

貰えるスワップポイントは軽微で、為替差益は悪くなる一方ですからこの結果です。

マイナス50万円という数字は、改めてみてもエグイですね。

驚いているアイコン


やっぱつれぇわ。円が利上げしたら詰みそう

夫のアイコン


トルコリラ円だけ順調に含み損が増えているね(笑)

 

 

まとめ|もはやないものと思っている塩漬け口座

ドル円とNZドル円が少しですがプラテンしたので、今決済したらプラマイゼロくらいで助かるんですが、このまま保持の予定です。

この口座に入っているお金はほぼないものとして見ているので、もうしばらく放置でいいかなと思ってます。

なにより9年も耐え続けて、やっと利上げ局面になったのですから、もうちょっと保持してもいいかなと思っています。

現在はスワップポイントより為替差損益のほうが圧倒的に影響がありますので、円が弱い今は保持しても大丈夫かなと思っています。

例えクロス円が下がっても(円高になっても)、次の上昇まで待てます(笑)

でも正直なところ、やっぱり建値まで戻ってほしいと思っています。

怒っているアイコン


スワップポイントは甘え!

夫のアイコン


豪ドルは100円は行ってほしいよなぁ

トルコリラ円は問答無用で保持予定。

もはやここで損切するわけにはいきません。

エルドアン大統領が退陣するかお亡くなりになるまで待ちます。

もしくは、今年のFX損益が20万超え確定しそうなら、損出ししてもいいかな~とか思ったり…

経費にできそうなのがチャートソフトとディスプレイくらいです。

夫のアイコン


頼むからトルコは利上げしよ??

妻アイコン

どうせ含み損なんだから何年かかってもいいからエルドアン大統領退陣を待ちます

 

※注意!!

当ブログでは過去の経験から、スワップポイントを目的とした投資は推奨しておりません

金管をしながら、損失を限定したトレードを推奨しています。
(本人が損切できていないことが多々ありますが…)

投資を行う場合は、下記のような資金管理の本で勉強しておくことをおすすめします。

FXスワップポイント投資

▼損益推移

前回2022年2月|夢の不労所得

次回coming soon

スワップポイント投資について

豪ドル円8年握り続けた結果

トルコリラ円を6年間握り続けた結果

 

▼FX証券口座キャンペーン中

FX初心者から上級者まで、幅広く選ばれているDMM FX

 

スワップ部門3年連続第1位