おふたりさまのアーリーリタイア

DINKs(夫正社員+妻派遣)夫婦が、経済的に安定してアーリーリタイアを目指します。

【家計簿公開】2022年3月|光熱費値上げの影響

妻アイコン

年収650万円、結婚7年目DINKs夫婦の家計簿を公開します

※給与明細が揃うのが翌月末になるため、1か月ほど公開が遅れます。 

 

 

 

2022年3月の収入:402,100円

二人ともフルタイム、夫は正社員、妻は派遣です。

夫:193,100円
妻:209,000円

珍しく私の方が給料が多い。

出勤日数が多かったからですね。

派遣は時給なので、出勤日数に左右されます。

支出について

支出の分類

妻アイコン

我が家では支出を下記のように分類しています

基礎生活費①(月予算13万)

月々、ほぼ固定でかかる支出です。あまり増減はありません。

家賃、光熱費、通信費、食費、日用品です。

基礎生活費②(年予算50万)

年間でかかる支出です。毎月固定で使うわけではないものをこちらに入れています。

交通費、医療費、被服、美容院など。

ふるさと納税は税金としてこちらに入れています。

ゆとり費(年予算30万)

人生を豊かにする支出。削れるものです。

家具、家電、雑貨、娯楽(本、施設使用料)などです。

外食やお茶代は、食費とは別にしています。

また突発的にかかる冠婚葬祭もこちら。

貯蓄は投資信託と現金預金

投資信託は、支出ではなく貯蓄に入れています。

消費するわけではないし、貯めていくものなので…

支出にしちゃうとテンションあがりませんからね。

iDeCo確定拠出年金含め、月々20万円拠出しています。

ルールが発動すれば、スポット購入もしています。

2022年3月の支出の内訳と貯蓄

支出内訳

支出合計:168,217円

3月の支出は増えるだろうと思っていましたが、やはり増えました。

先週は食費が少なかったので。

基礎生活費①:137,988円

食費は51,853円でした。5万円を超えてしまいました。

まぁ去年の平均は48,000円だったので、特に多いというわけではないんですよね。

けど5万円は超えないのが理想です。

 

昨年は家計簿をつけ切ったので、昨年と光熱費(電気とガス)の比較をしてみました。

電気代

電気代めっちゃ上がってる!

と思いましたが、今年は結構エアコン使ったからかな、と思います。

我が家はどっちもケチな性質なので、あまりエアコン使わないかったのですが、室温が低すぎると体に良くないということで、普通に寒かったら入れていました。

それにしても2月は高いですね。

GW中にエアコン掃除しとかなきゃ。

ガス代

ガス代は2,000円くらい上がってますね…

まぁ燃料高騰で、光熱費がそもそも値上げしていますからね。

明細を確認したところ、ガスの使用量は昨年の3月と変わりませんでした。

ですのでガス料金に関しては、完全に値上げの影響ですね。

基礎生活費②:30,229円

3月はふるさと納税をしました。

なので普段より少し多めになっています。

ゆとり費:0円

今月は娯楽に使ったお金はなしです。

週末に少しゲームをしているくらいです。

貯蓄合計(収入ー支出):234,062円

貯蓄率は58.2%でした。先月は61.7%(修正)でした。

さすがに60%代を切ってしまいましたが、50%切らなかったらいいかなと思っています。

貯蓄率の計算式

貯蓄率=貯蓄額÷可処分所得(収入)×100

投資信託:444,829円

先月と同じく、残ったお金はすべて投資信託になりました。

収入が足りてないので、これまでの現金預金からも持ってきています。

3月のスポット購入は下記の通りです。

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を50,000円
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックスを44,000円
  • SBI・新興国株式インデックス・ファンドを80,000円
  • eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)を18,000円
  • iFree Next NASDAQ100を120,000円

合計262,000円でした。

SBI・新興国株式インデックス・ファンドの買付は2回ありました。

現金預金(残高):0円

今月も現金は残りませんでした。

まとめ|光熱費がヤバイ

光熱費が上がってきました。

本格的に上がるのはきっとこれからですね。

無駄遣いしているつもりはないですが、もう少し意識したいと思います。

あと食品ロスをとにかく減らしたいです。やっぱりたまに期限切れになって、ということがあります。

もったいないし、管理をきちんとしたいと思います。

妻アイコン

少しコロナ禍で買いこんでしまいました